化粧品のOEM製造開発ならゼロ・インフィニティ

ZERO infinity TOP

ビタミンCの6000倍!アスタキサンチンの高い抗酸化力

2018年12月10日

化粧品OEM話題の成分

人はなぜ老化するのか、考えたことがあるでしょうか。
老化と密接に関係しているのが「酸化」、そしてそれを食い止めるのが「抗酸化」
我々にとって非常に重要なものである抗酸化作用を多く含むアスタキサンチンは、見逃せない存在なのです。

健康から美容までアスタキサンチンの効能

鮭の赤い色はアスタキサンチン

アスタキサンチンとは、天然色素である「カロテノイド」の一種です。
カロテノイドの代表としては他に、ニンジンのβ-カロテン、トマトのリコピンなどがあります。
アスタキサンチンはえび・かに・鮭などの海辺の生物に含まれることで有名ですが、その生き物たちは自然の厳しい環境を生き抜くためにアスタキサンチンを生み出したり、取り入れたりしているのです。

わかりやすく、例となりやすい生き物が鮭です。
身が赤く、いかにもアスタキサンチンを含んでいることがわかりやすい鮭ですが、実は白身魚に分類されています。
鮭はアスタキサンチンを含むエサを食べることにより赤くなるのです。

鮭は海の旅から産卵のために故郷に戻ってくるときには、川を遡上します。
そんな厳しいストレスに打ち勝ち、無事遡上し産卵できるよう、鮭はアスタキサンチンを摂取して立ち向かっているのです。
無事産卵した卵、いくらが赤いのもアスタキサンチンが移行したためです。鮭にとってアスタキサンチンはなくてはならない成分なのです。

自然界でも大切な抗酸化作用

また、アスタキサンチンのサプリメントの原料となるヘマトコッカス藻という藻は通常緑ですが、厳しい環境になると自身の体内でアスタキサンチンを作り出し赤くなります。

厳しい自然環境に身をおく生物たちが、なぜアスタキサンチンを頼りとするのか。
それはアスタキサンチンには強い抗酸化作用があるからです。

アスタキサンチンの抗酸化作用は美容面でもコラーゲンを守る作用などがあるとされます。
アンチエイジングとしてはプラセンタが話題となっていますが、アスタキサンチンの抗酸化作用もアンチエイジングとして注目されています。
健康面では疲労を軽減させる作用などがあるとされており、その他病気への効果なども研究がされています。

サプリで手軽に摂れる

アスタキサンチンの推奨摂取量は1日6mgとされています。紅鮭に含まれるアスタキサンチンは100gあたり約2.7mg。食品で摂取しようとすると鮭を何切れも食べないといけないことがわかります。
なかなか毎日アスタキサンチンを含む食品ばかり食べていられないというのが実状ですので、手軽に摂取できるサプリメントも販売されています。
大量摂取による副作用は現在のところ報告されていません。

アスタキサンチンの健康効果

「活性酸素」と「抗酸化力」

身の回りにあるものが酸化して錆びるように、そして悪くなっていくように、人の身体も酸化し錆びていきます。
その酸化が、老化だとか身体の不調につながっていくのです。

人が生きる上で必要でありながら、過剰に発生することで酸化を進め身体を傷つけてしまうのが「活性酸素」という悪玉酸素です。
呼吸をするだけで活性酸素が発生しますが、実は元々活性酸素を抑える力を人は持っています。
その活性酸素を抑える力が、抗酸化力です。

ストレスによる酸化が身体の抗酸化力を上回る

しかし、紫外線、喫煙、化学物質、ストレスや過労など厳しい環境に身体がおかれると活性酸素が大量に発生してしまい、体内の抗酸化力だけでは足りなくなってしまいます。
それを補うためにも強い抗酸化作用をもつアスタキサンチンの成分は注目されているのです。

アスタキサンチンの抗酸化作用はビタミンCの6000倍ともいわれており、肩こりや眼精疲労の軽減、悪玉菌を減少させることによる腸内環境の改善など、たくさんの効能があります。
アスタキサンチンの成分を配合したサプリメントを服用すると、精神的にも肉体的にも疲労感が軽減したという研究結果もあります。

その他にも、抗炎症、糖尿病予防、がん、動脈硬化抑制など様々な効能があると研究がされています。

アスタキサンチンの美容効果

肌の老化にも、もちろん活性酸素が関係しています。
紫外線を浴びることで活性酸素が発生し、肌を酸化させシミ・シワなどの老化につながります。
また、人がもともと持っている抗酸化力は年齢を重ねるごとに減少していくことがわかっています。

アスタキサンチンが持つ美容効果

それを補い、アンチエイジングが期待できるのがアスタキサンチンの抗酸化作用なのです。
また、紫外線はコラーゲンを傷付け老化させる一重項酸素を発生させることがわかっています。
アスタキサンチンはその一重項酸素にも効果を発揮し、コラーゲンを守りシワを抑制するとされています。

アスタキサンチンのサプリメントを摂取し、肌へ塗り続けるとシワの改善や、シミの減少、キメを整えるなどの効果が見られたという研究結果も存在するのです。

そんな効能が証明されているアスタキサンチンを企業がほうっておく訳もなく、アスタキサンチンを化粧品に配合した商品は多数発売されています。

<コーセー>

1992年よりアスタキサンチンに目をつけ、研究・開発をしています。
一重項酸素の肌への影響とアスタキサンチンの効果を調べるために、オリジナルの装置まで開発するほど。
アスタキサンチンの成分を安定させるために研究を重ね、大変な試行錯誤のすえ、アスタキサンチン配合化粧品の販売に成功しまし た。
現在でも「アスタブラン」というブランドでアスタキサンチン配合の化粧品を販売し続けています。

<富士フイルム>

写真の技術を生かし、化粧品開発を行っている富士フイルムの独自技術のなかには、抗酸化技術もあります。
写真の色褪せを防ぐために日夜研究してきたことが、化粧品開発にもつながっているのです。
代表的な商品ブランドは「アスタリフト」で、抗酸化成分のアスタキサンチンとリコピンなどが配合されています。

TOP