化粧品のOEM製造開発ならゼロ・インフィニティ

ZERO infinity TOP

「小ロットOEM」で低リスクで手軽に化粧品を作る方法

化粧品のOEMを小ロットから注文できるメーカーとは

「化粧品作り」と聞くと、どう感じますか?

化粧品を作るって、大手化粧品メーカーや誰もが知っている化粧品を思い思い浮かべてしまい、「難しい」「資金力が必要」「垣根が高い」など、感じてしまうかもしれませんね。

確かに、ひと昔はイメージ通りだったかもしれません。
しかし、現在、志向が多様化しメーカーの顔ぶれも昔と比べて変わりました。
異業種からの参入が増え、インターネットが普及したのを背景に、ネット通販専業の新しい化粧品メーカーも多数化粧品業界に参入してきています。

あたなも、「新しい化粧品をつくりたい」と思えば、簡単に作れてしまう時代なのです。
なぜなら、小ロット100個からだって化粧品を作れるからです。

では、その100個の化粧品、自社工場で生産しなければいけないと思うかもしれませんが、そうではありません。

今は、OEMメーカーと言われる化粧品OEM製造の委託業務を専門に化粧品を作っている会社が多数あります。
そこに、製品の開発・製造を頼めば、工場不要・研究時間や研究員も不要であなたのオリジナル化粧品が作ることが可能です。

しかし、オリジナルの化粧品をつくればどんなものでも売れる、と侮ってはいけません。
何を始めるにも、無知は恐ろしいことです。
そうならない為にも、化粧品OEMメーカーの専門家の意見を取り入れながら、学び、堅実な姿勢で化粧品作りをしましょう。

化粧品OME製造メーカーに相談してみました!

「初めての化粧品作り」化粧品OEMメーカーに製造を依頼するためのポイントをお伝えします。

  • ・費用

  • ・ロット数(最少でいくつから注文を受け付けてくれるのか)

  • ・成分、容量、容器など製造にかかわる事

  • ・試作費用

  • ・納期

  • ・所在地

費用は、成分等によってやロット数によって変わってきますので、ロット数と合わせて問い合わせてみることが必要です。
容器などは、OEMメーカーで用意されている物を使用することによって、小ロットで化粧品を作ることができます。
試作費用については一般的に「こういう化粧品をつくりたい」というコンセプトをもとに、処方を組み納得するまで試作品を作ることの費用はどちら負担になるのかと言うことです。

試作品初回は無料(費用の中に含まれている)というところが、比較的多いようです。
納得いく製品化になるまで無料なのか初回のみ無料なのかを、化粧品OEM会社に聞いておくとよいでしょう。

これらを事前にネットで情報を入手しておき、電話にて再度確認と要望の相談をしましょう。
化粧品OEMメーカーのネットでの検索方法は「化粧品OEMメーカー 小ロット」「化粧品 小ロット OEM」と検索すればたくさんでてきます。

ここは、と思う化粧品OEMメーカーが見つかったら、連絡してみましょう。
しかし、まったく返事のない化粧品OEMメーカーも必ずあります。

そこでくじけてはいけません。
縁がなかったものと割り切り、他の化粧品OEMメーカーを探しましょう。

連絡を蜜に取れて信頼のおけるメーカーが必ず見つかるはずです。

化粧品メーカーの強みを確認

失敗しない初めて化粧品作りのために、化粧品メーカーの強みを確認しましょう。
そして、どんなオリジナルの化粧品を作るのか、どんな品質の化粧品を作ったら売れるのか、化粧品ビジネスをスタートさせる前にイメージをはっきり決めることが大事です。
軸足がぶれないよう、足元をしっかり固めたブランドコンセプト作りをしましょう。
今後企業として成長していくためにも、とても大切な事です。

自社工場か製造委託かによって異なる化粧品OME工場のちがい

自社生産による製造での収益は、化粧品OEMメーカーに依頼するよりも確かに魅力的です。
しかしOEMメーカーに依頼すれば、小ロット生産による低いリスクで生産を維持でき、生産にかける時間と労力を新製品の開発に集中できる、というメリットがあります。

化粧品OEMメーカーには蓄積されたノウハウがあります。
化粧品は作るだけでなく成分確認や安全性も不可欠ですので、これを自社工場でするとかなり費用がかさみます。

作りたいイメージの化粧品が具体的にあったとしても、実際に処方して化粧品を試作してみると安定性が低かったということはよくある話です。
スキルや製造設備・技術・人材などを既に持ち合わせている化粧品OEMに依頼すれば、必要な費用は外注費だけになりますので、かなりのメリットと言えるでしょう。

TOP